イチオシの風俗情報をお届けする風俗・ホテルヘルス 社外秘
  1. home
  2. マメ知識
  3. ホテルヘルスが出来るまで

ホテルヘルスが出来るまで

生き残るために

鹿児島のデリヘルポータルを見ていて思った事があります。
多分鹿児島に限った話ではないのですが、ホテルヘルスが少ない。超レア!
無店舗型の派遣サービスであるデリヘルの方が開業しやすいのでしょうか…。
そんなデリヘルに押され気味のホテルヘルスですが元々どういう成り立ちだったのでしょうか?
昔はホテルヘルスの方が多かったという話も聞いた事があったので、
そのあたりも含めインターネットで調べてみました。
ホテルヘルスが生まれたのは商売の街大阪。
当時はファッションヘルスが流行しており風俗街にはお店が乱立してしいました。
しかし法規制の波を受け摘発される店舗が続々と出始め壊滅状態になってしまいます。
そこで風俗業者は摘発されにくい店舗型で女性従業員を派遣しまじめます。
これがホテルヘルスの始まりになります。

東京でも広がっていった

実は大阪だけではなく東京でもホテルヘルスは流行した時期があります。
2000年入ってすぐに起きた歌舞伎町のビル火災事故により、
東京では知事の意向で歌舞伎町浄化と称し違法営業の店舗を一斉摘発が始まります。
こちらも大阪同様壊滅的な打撃を受けてしまいました。
この状態を打開すべく多くの業者が店舗型の営業形態を導入。
結果爆発的にホテルヘルスが増える結果となりました。

結論:業者が運営をしやすい

以上がホテヘルの歴史となります。
業者が法規制を掻い潜るために生まれた、それがホテルヘルスの様です。
この辺りはソープと似たような印象は受けますね。
よく「デリヘルは本番行為が禁止されているのに何故ソープはOKなのか」
という意見があります。勿論日本は売春を禁止している国なのでデリヘルもソープも両方本番行為はご法度。
しかしお店で従業員として雇っているデリヘルとは違い、
ソープはお客さんと従業員を結びつけるいわば案内所に相当します。
実質女性従業員は個人営業という形になるのでお店は従業員の行動を基本的に関知せずに良くなり、
風俗業界では本番行為が可能なお店という暗黙の了解になっている訳です。
これはホテヘルの場合も一緒なのではないでしょうか。
そういった意味では多少店舗を構える費用が発生してしまったとしても、
何かと運営がしやすいホテルヘルスやソープランドといった店舗型風俗の方が、
業者にとって運営がしやすい環境なのかもしれません。

サイトについて

風俗・ホテルヘルス 社外秘 をご利用頂き誠に有難う御座います。 当サイトは18歳未満のお客様はご利用出来ません。 該当される場合は速やかに退出をお願い致します。 当サイトの情報は管理者自身の意見や体験談を元に構成されておりますので予めご了承下さいませ。 また当サイトで得た情報で発生したお客様自身の損害や損失等につきましても一切の責任を負いかねますので、 自身の判断での閲覧・ご利用をお願い致します。それではごゆっくりお楽しみ下さいませ。